Press "Enter" to skip to content

ニキビができてしまった時の正しいケアとは

刺激の少ない洗顔料で優しく洗いましょう

ニキビになってしまったお肌に刺激の強い成分が入った洗顔料で洗顔したり、必要以上にごしごし擦ると刺激でニキビが悪化してしまうことがあります。ニキビ肌用の刺激の少ない洗顔料を、洗顔ネットなどで泡立てたふわふわの泡で、優しく丁寧に洗います。洗い流す時も擦らず、水の力だけで丁寧に洗うようにしましょう。洗い終わったら清潔なタオルで優しく押さえるようにして顔の水分を取り除きます。

脂っこい食事や刺激物は控えましょう

脂っこい食事や刺激のある食べ物をたくさん食べると、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。皮脂が過剰に分泌されると毛穴が詰まりやすくなり、炎症を起こしてニキビが酷くなってしまう可能性があります。特にニキビで悩んでいる人は、脂っこい食事や刺激物の過剰摂取には注意が必要です。ビタミンがたっぷり含まれた野菜や果物を積極的に食べるようにしましょう。

乾燥を防いで潤ったお肌にしましょう

よくニキビで脂っぽい肌だから保湿は控えたほうがいいと保湿をしない人がいますが、この方法は間違っています。皮脂の役割はお肌を乾燥から守ることです。そのため、十分な保湿をしない場合、お肌が乾燥するので皮脂がどんどん分泌されてしまいます。ニキビ用の保湿化粧水を使って、しっかりお肌を保湿することで、皮脂の過剰分泌を防いでニキビを減らすことができます。また人間の体は水分の割合が多く、内部が乾燥していてもお肌が乾燥して皮脂が分泌されてしまう原因にもなります。しっかり水分補給して内部の潤いも保つようにしましょう。

品川美容外科の2chまとめサイト