Press "Enter" to skip to content

これで美肌!今日から実践できる正しい洗顔方法

未来の肌のために洗顔をしっかり行いましょう

洗顔を毎日正しく行っていますか?間違えた洗顔方法を繰り返していると、乾燥肌や敏感肌を引き起こしたり、シミやシワの原因となるなど、肌トラブルの原因となってしまいます。五年後、十年後の肌もきれいに保つために、正しい洗顔方法を知って実践しましょう。

正しい洗顔方法をご紹介

まずはきちんと手を洗います。必ずハンドソープやせっけんなどでしっかりと洗い、清潔にしましょう。手を洗わずに洗顔を行うと雑菌が顔についてしまったり、洗顔料の泡立ちが悪くなってしまいます。
続いて洗顔料をよく泡立てます。泡立てずに顔を洗うとゴシゴシと肌を擦ってしまい、肌を傷つけてしまいます。洗顔料の泡立てには泡立てネットを使うのがおすすめです。泡が完成したらTゾーン、続いて頬、目、口周りの順に洗います。洗顔料を肌に乗せたら、優しく素早くなじませませてください。あまり長時間洗顔料を肌に乗せていると肌への負担が増え、乾燥の原因となってしまうので1分から1分半程度で洗い終わるようにしましょう。すすぐときは30度から32度ぐらいのぬるま湯で、擦らないように30回程度優しくすすぎ流してください。
すすぎ終わったら、清潔なタオルでぽんぽんと優しく肌にあてて水気をとるように拭きましょう。ここでもゴシゴシと擦らないように気を付けてください。洗顔後は時間を置かずにできるだけすぐに化粧水や乳液、美容液などで保湿をしましょう。

洗顔の最重要ポイント!

洗顔の工程を見てきましたが、最初から最後まで共通しているのはゴシゴシ擦らないということです。ゴシゴシと擦ることで摩擦が生じ、角質を傷つけてしまいます。正しい洗顔方法を守ってきれいで健やかな肌を目指しましょう。

品川美容外科の死亡について詳しく